「速読英単語」は単語帳じゃない。暗記に絶対向いてない

こんにちは。
かずきちです。
 
今日は誰もが知っているあの単語帳。
 
速読英単語をレビューしていきますね。
 
 
結論から言ってしまいますが、
速読英単語はオススメできません
 
 
今回のレビューを読んでいくことで、
暗記のメカニズムというものを、
学ぶことができます。
 
受験では暗記は避けては通れません。
 
その暗記のメカニズムを学ぶことで、
今までよりも色んなものが、
簡単に覚えられるようになります。
 
暗記を制して、
偏差値を上げて志望校に合格していきましょう
 
 

速読英単語の中身について

 
 
ってことで前置きが、
長くなりましたが、
速読英単語について見ていきましょう。
 
 
本の内容はこんな感じです。
 
 
 
 
長文の中に覚える単語が赤で書かれて、
文章の中で単語の意味を覚えていく、
というのがこの単語帳のスタンスですね。
 
 
 
その使いやすさ(?)か、愛用者も多いです。
 
ターゲット、シス単、データベース、速単の4冊が、
受験生メジャーな単語帳になるかと。
 
 
 
 
 
ですが、
この参考書は単語帳として、
考えない方がいいんですよね…
 
 
 
 
 
 

速単は1週繰り返すのに時間がかかりすぎる

 
 
そもそも単語帳を使う理由って、
一体なんでしたっけ?
 
そりゃ単語を覚えるためでしょ!
 
という声が聞こえてきそうです。
 
 
 
すごく当たり前のことなんですが、
僕たちは単語を覚えるために単語帳を、
使っているわけですよね?
 
 
 
ですが速読英単語は、
単語帳を覚えるのに、
効率的ではないんですよ。
 
 
なぜかって言うと、
 
 
 
単語の意味を文中で、
覚えなければいけないので、
単語帳を何周もするのに
 
 
時間がかかるのです。
 
 
 
だってそうですよね?
 
 
文の中で単語の意味を、
覚えるのであれば、
 
単語の意味を確認する時は、
文をいちいち読まなければなりません。
 
 
 
それに対して、
英単語のスペルがページの左に、
意味が右に載っている参考書であれば、
単語の意味を確認するのに1秒で済みます。
 
 
 
他の単語帳の方が、
暗記には適しているというのが僕の感想です。
 
 
 

速単は暗記のメカニズムに反している

 
 
暗記には何度も反復するということが、
肝になります。
 
 
何度も何度も繰り返すことで、
 
「この情報は重要な情報だから、
 何度も見るんだな」
 
と脳が判断し、
記憶に結びつくようになるのです。
 
 
そう考えると、
 
単語を覚えたいのであれば、
ひたすら何度も何度も繰り返すことが、
大事になってきます。
 
 
 
 
ですが、速単だと他の参考書に比べて、
反復するのに時間がかかってしまいます。
 
 
確かに長文の練習になるかもしれませんが、
単語を効率的に覚えられるかと言ったら、
そうではありません。
 
 
むしろ、何度も反復しにくい、
ということは、
 
暗記のメカニズムに反しています。
 
 
なのでオススメはできないですねー。
 
 
 

速読英単語に載ってる長文がショボい

 
 
速読英単語必修編の長文を例に出すと、
 
長文がしょぼいんですよw
 
 
 
というのも、
 
センター試験の問題よりも簡単な文章で、
わずか200words程度しかないんですよね。
 
 
先ほどと同じ写真ですが、、
 
 
 
これ意味ある??笑
簡単すぎじゃないですか?
 
 
 
この程度の長文読むくらいだったら、
他の長文の問題集やった方がいいし、
 
 
こんなちんちくりんな長文やったって、
成績伸びないよ…
 
 
 
と見ていて思わざるを得ませんでした。
 
 
 
 
 
「速単は長文があるから覚えやすい!!」と、
言っている速単信者みたいな人がいますが、
 
 
ここまでレベルが中途半端な、
長文をやるくらいだったら、
長文は別の問題集でやればいいはずです。
 
 
そっちの方が、
長文の実力も確実につきます。
 
 
 
少なくとも
しょぼい長文の中で英単語を、
覚えるというのは僕にとっては、
全く効率的だと思えません。
 
 
僕は単語帳であれば、
ターゲット1900をオススメしています。
 
 
 
 
理由は左にスペルが書いてあって、
右に意味が書いてあるという、
超反復に適した単語帳だからです。
 
赤シートで意味を隠して、
高速で単語帳を繰り返すことができます。
 
こんな感じです。
 
 
 
 
 
「ターゲット1900は機械的な、
 暗記をさせる単語帳だー!」
 
とか意味のわからないことを、
言ってくる先生がいますが、
 
 
 
機械的暗記だろうがなんだろうが、
効率的に暗記するために、
反復は必要なのですから、
 
暗記に適したターゲットを1900を使えば良いです。
 
 
  
 
今回は速読英単語が、
暗記に適してない単語帳だよ、
ってことをお話ししてきました。
 
 
また、成績を上げて、
早稲田に合格するまでの
方法をまとめたメルマガはこちらからどうぞ。
 
 
 
無料で購読できますし、
いつでも解除できます。
 
現在、無料でセミナーを公開してるので、
興味のある方はどうぞ。

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください