驚くほど短時間で覚えられる早稲田大学に合格できた僕の暗記法

 
こんにちは。
 
僕が受験生の時から、
使っている暗記法について説明します。
 
 
どの科目でも、
暗記しなければならないものは、
多くあります。
 
 
 
多くの受験生が、
「こんなに覚えられない」
と頭を抱えて
 
英単語、
古文単語、
年号、
文学史
 
を必死に何時間もかけて、
覚えようとします。
 
 
ですが、僕は、彼らが、
暗記に費やす時間の半分で、
 
暗記をすることが、
できるようになりました。
 
 
例えば、他の人が1週間かけて、
覚えるものを、
3日4日で覚えることができ、
 
暗記科目の成績を簡単に伸ばし、
早稲田大学に合格することができました。
 
 
例えば、
英作文100個を3日で暗記し、
験当日は英作文、
文法問題はほぼ満点。
 
 
成績を伸ばして、
早稲田に合格できたのは、
この暗記法のおかげ、
といっても過言ではありません。
 
 
この暗記法を思いついたのは、
センター試験の次の日だったので
 
もっとはやく思いついていれば、
暗記がもっと楽勝になってたのかな、
 
と悔やまれます。
 
 
 

喋って喋って喋り捲って覚える

 
 
 
その暗記法とは何か?
 
それは
 
「ひたすら喋って喋って、
 喋りまくって暗記する」
 
という方法です。
 
 
 
 
まず初めに、
 
「問題の答えを見る。
 答えを喋る」
 
 
を繰り返します。
 
 
次に
 
「答えの後ろ半分を隠して、
 答えを喋る」
 
を繰り返します。
 
 
最後に
 
「答えを見ないで、
 答えを喋る」
 
 
を繰り返すことで、
 
どんなものも、
覚えられるようになります。
 
 
 
「ん?ちょっとわかりにくいな?」
と感じた方がいると思うので
 
例を出して説明しますね。
 
 

実際にどうやって覚えるのか?

 
 
 
問題:テニスを昨日していた男は私の先生だ
 
答え:The man who played tennis yesterday is my teacher. 
 
という英作文があったとします。
 
 
 
最初は「問題の答えを見る。喋る」を繰り返します。
 
問題:テニスを昨日していた男は私の先生だ
答え:The man who played tennis yesterday is my teacher. 
 
を見ながら、
 
「テニスを昨日していた男は私の先生だを英語にすると、The man who played tennis yesterday is my teacher. 」と喋ります。
 
 
 
これを何回か繰り返したら
「問題の答えの後ろ半分を隠して、喋る」を繰り返します。
 
問題:テニスを昨日していた男は私の先生だ
答え:The man who played
 
を見ながら
 
「テニスを昨日していた男は私の先生だ。を英語にすると、The man who played tennis yesterday is my teacher. 」と喋ります。
 
 
 
これができるようになったら
「答えを見ないで喋る」
を繰り返します。
 
問題:テニスを昨日していた男は私の先生だ
 
を見ながら、
 
 
 
 
「テニスを昨日していた男は私の先生だ。を英語にすると、The man who played tennis yesterday is my teacher. 」と喋ります。
 
 
この暗記法を使えば、
普通の受験生とは、
 
比べられないスピードで、
暗記ができるようになり、
志望校合格がグッと近づきます。
 
 
 
 

喋るのと書くのではスピードが段違いに違う

 
 
 
なぜかというと、
多くの受験生が、
書いて覚えようとしているため、
時間がかかってしまうからです。
 
 
ですが、この暗記法なら、
しゃべるだけなので、
時間がかからないため、
 
短時間で大量の情報を、
暗記することができ、
暗記科目の制覇が容易になるからです。
 
 
 
 
 
暗記をする上では、
何度も反復するということが、
絶対に不可欠です。
 
反復することで脳が、
「この情報は重要だ」
と認識して、
忘れにくくなります。
 
 
書いて覚えようとすると、
何回も反復するのに、
時間がかかりますが、
 
喋るだけなら、
何回も反復するのに時間がかかりません。
 
「テニスを昨日していた男は私の先生だ。を英語にすると、The man who played tennis yesterday is my teacher. 」
 
 
 
 
これを3回書くのと、
3回喋るのだったら、
喋るほうが早いです。
 
なので、喋るということは、
書くことに比べて、
 
遥かに短い時間で、
反復することができるのです。
 
 
 
 

喋っていたら、3日で英文を100個覚えた 

 
 
 
僕がこの暗記法を、
身に付けてからは、
 
暗記が得意になったのですが、
もともと暗記することは大の苦手でした。
 
なぜこの方法を、
身に付けることが、
できるようになったのか。
 
 
 
 
 僕は浪人してから、
英作文を放置していたことに気づきます。
 
 
センター試験も終わり、
滑り止めの大学の過去問を解き始めると
英作文の配点が高めに設定されていました。
 
 
「やべえ、英作文対策しないと落ちる」
 
と超絶焦り始めた僕は、
急きょ英作文の対策を始めます。
 
 
そこで「ドラゴンイングリッシュ」
 
という参考書を買い
 
100の英作文を、
覚える戦略を立てました。
 
 
当たり前ですが、
入試当日まで1か月を切っています。
 
 
いつもなら、
参考書にマーカーを引いたり、
付箋をつけたりします。
 
 
ですが、今回はそんなに、
時間をかけている暇は、
全くありませんでした。
 
 
日本語を見た瞬間、
英作文が口から出てくることを、
目標にして、ひたすら暗記を続けました。
 
「この問題を解決する方法は、
 誰にもわからないようだ。
 これを英語にすると
 Nobody seems to know how to slove this problem…」
 
問題を見て、喋る。喋る。喋る。
 
答えを見ずに、
喋れるようになったら
 
はい、次の文。
 
「私は昨日自転車を盗まれた。
 これを英語にすると
 I had my bike stolen last night…」
 
喋る、喋る、喋る…
 
 
と、はたから見たら、
不審者のように、
ひたすら英語と日本語を
 
地元のマクドナルドで、
喋りつづけてました。
 
 
 
ですが、声が枯れようが、
ひたすら、見る。喋る。
見る。喋る。見る。
喋るを繰り返しました。
 
 
これを繰り返していると、
思いのほか早く、
覚えられていることに気づきます。
 
なんだか書いて暗記している時より、
ぱっぱぱっぱと暗記が進むのです。
 
 
そうすると、なんと1日3時間で、
英作文を30個目に、
突入していることに気づきました。
 
 
「もしかしたら最初の方の、
 英作文を忘れてるんじゃないか…
 俺がこんなに早く覚えられずはずがない」
 
 
と思い1つ目から、
暗記できているかを、
確かめたのですが
 
 
 
答えを見ずに、
全ての英作文を、
喋ることができたのです。
 
 
逆に焦りましたね。
 
 
「あれ?なんかめっちゃ、
 覚えられてる?
 俺、暗記苦手じゃなかったっけw」
 
 
今まで書いて覚えることをしてきた僕は
 
 
 
「ひょっとしたら書くよりも、
 喋りまくるほうが覚えられるのでは…?」
 
と考え、その後もマクドナルドで、
ひたすら見る喋るを続け、
暗記を続けました。
 
 
 
すると、3日で100個の、
英文を覚えることができ、
 
試験当日でも英作文と、
文法問題はほぼ満点を、
獲得することになるのです。
 
 

喋れるだけで暗記が一気に得意になれる

 
 
確かに、喋りまくると、
喉が痛くなったり、
 
頭が汗をかいているような、
キツイ状態になるのですが
 
書いて覚えようとして、
手が痛くなったり、
膨大な時間を消費するより遥かにマシです。
 
 
最終的に、試験当日は、
苦手だった英語の文法問題と、
英作文をほぼ完答で正解し
高得点をたたき出せました。
 
 
 
この暗記法を身に付けた時は、
マジで感動しましたね。
 
 
だって、今まで
 
膨大な時間をかけて、
痛い手をこらえながら、
書いて覚えようとしたが
次の日になったら全部忘れてる。
萎えて、勉強の、
モチベーションが下がる。
 
 
 
という負のスパイラル状態、
だったのにもかかわらず
 
 
今までの半分の時間で、
ひたすら喋るだけで、
覚えられるようになる
どんなものも覚えられえて、勉強が楽しくなる
 
と正のスパイラル状態になりましたからね。
 
 
「見て喋る。見て喋る。
 見ないで喋る。見ないで喋る」
 
を繰り返すだけで
 
今まで覚えられなかったものが、
短時間覚えられるようになり、
最終的には早稲田にも、
合格することができました。
 
 
 
この暗記法は効果が、
えげつないほどあるので、
1度でいいので試してみてください。
 
「今までなんであんなに覚えるのに、
 時間をかけてたんだろ」
 
と実感できます。
 
少なくとも、
書いて勉強している人がいたら、
騙されたと思って、
やってみてください。
 
 
また、成績を上げて、
早稲田に合格するまでの
方法をまとめたメルマガはこちらからどうぞ。
 
 
 
無料で購読できますし、
いつでも解除できます。
 
現在、無料でセミナーを公開してるので、
興味のある方はどうぞ。
 

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください