日本史の偏差値を80にした脳内暗記法

 
 かずきちです。
 
今日は、僕が早稲田大学に、
合格できた勉強法を紹介していきます。
 
 
これを知るだけで、
無限に勉強時間が増えるようになり、
他の受験生とは比べ物にならないほど、
成績を伸ばすことができるようになります。
 
 
成績を短期間で上げるために、
必要なことをこの記事に盛り込みました。
 
 
注意して読み進めていってください。
 
 

脳内勉強法とは?

 
 
僕が早稲田大学に合格できたのも、
色々な要因がありますが、
 
今回話す「脳内勉強法」が、
かなり大きかったです。
 
 
その「脳内勉強法」とは何か?
 
 
 
それは、
 
スキマ時間に頭の中で、
問題と答えを思い出す
 
 
という方法です。
 
 
食事をしている時、
お風呂に入っている時、
通学時間などに、
 
 
「さっき解いた英語の問題なんだったかな~」
 
「それで答えはなんだっけな〜」
 
 
という風に、
頭の中で思い出すのです。
 
 
 
すると、一度学んだことが、
忘れにくくなりますし、
なにより記憶に超結びつきます。
 
 
 
 
なぜこれをやると、
忘れにくくなるのか?
 
記憶するには、反復して、
繰り返す必要があります。
 
 
ひたすら何度も同じ情報に、
触れることで脳が大事な情報だと、
認識するのです。
 
 
「は?そんなの本当に意味あるのww」
 
と思う方が多くいるでしょう。
 
 
ですが、この脳内で何度も
「思い出す」という行為は、
私たちが無意識にやっているものなんですよ。
 
 
 
 
例えば、大好きなドラマのワンシーン、
映画のストーリーを覚えている人は多いでしょう。
 
「どんなストーリーだったの?」
と聞かれたら、
軽々と答えられますよね?
 
 
 
 
これと脳内勉強法というのは、
全く同じなのです。
 
 
無意識に、
ドラマのワンシーンや、
映画のストーリーを
 
「あのシーン面白かったな~」
 
と何度も思い出すことで、
いつまで経っても、
忘れないようになるのです。
 
 
ですから、この脳内勉強法の、
肝である「思い出す」という行為は、
不自然でもなんでもないのです。
 
 
 

 脳内勉強法を使うと・・・?

 
 
 
ここで、僕が脳内暗記法を使って、
偏差値を上げた話を、
これからしていこうと思います。
 
 
 
この暗記法を、
身につけてしまえば、
基本的にどんなものも、
暗記できるようになります。
 
 
 
英語も国語も日本史も、
偏差値が上がること間違いなしです。
 
 
 
 
僕が早稲田大学に合格するまでに、
偏差値を55から70まで伸ばしてきました。
 
 
 
どの科目もびっくりするほど、
偏差値は伸びたのですが、
 
その中でも日本史は55から80と、
異次元なレベルで上昇しました。
 
 
 
日本史が好きだったということ、
そして正しい勉強法のもと、
効率よく勉強できたことが幸いし、
 
僕は浪人して、偏差値を、
25上げることができたのです。
 
 
 
ですが、一番大きかったのは、
やはりこの「脳内勉強法」でした。
 
 
で、僕が浪人生の頃の話をしていきますね。
 
 

日本史の偏差値が75あった僕は勉強をサボり気味に

 
 
勉強法を身に付けた僕は、
日本史の偏差値が55から75に上昇。
 
 
もはや完全に日本史の勉強を、
する気をなくしていました。
 
 
 
模試でも9割近く正解できていたし、
基礎問題は完璧に仕上げられている状態。
 
 
早稲田の過去問も合格点と言われる、
7割を切ることはほぼありません。
 
 
後は、「難問」と言われる問題を、
暗記していくことしかやることがない。
 
 
 
正直言って、
めんどくさかったんですよね。。
 
 
難問を覚えるのは、
コストパフォーマンスが、
悪すぎるからですw
 
 
もう2度と出るかわからないような、
問題を覚えるくらいなら、
 
英語や国語を勉強した方が、
はるかに良いということが、
わかっていました。
 
 
 
そう思った僕は、
 
「まあ今偏差値75あるし、
 現状維持でなんとかなるだろww」
 
と日本史の勉強が、
毎日1時間に激減しますw
 
 
 
勉強するのは、
「予備校の日本史の講義」を、
聞くだけという状態。
 
 
 
そして、講義の復習も、
 
「日本史はもういいっしょww
 暇な時間に勉強するだけで。」
 
と完全に適当にやってました。
 
 
 
そして、
 
「入試当日まで僕は、
 勉強することがありませんでした…」
 
となったらそれはそれでヤバかったのですが、
 
僕にはそんな度胸はなかったです。
 
 
 

毎日5分参考書を見るようにした

 
 
次第に、自分が全く日本史を、
勉強しないことに、
猛烈に罪悪感を覚えるようになります。
 
 
「やべえ…今週日本史全然勉強してねえよ…
 合計で1時間くらい…??」
 
 
 
ですが、
結局なんだかんだ、
勉強をすることはありませんでした。
 
 
偏差値75という数字を見ると、
どうしてもやる気がわかなかったのです。
 
 
 
やってないことに罪悪感は感じるけど、
いざやるとなると、
面倒くさくて勉強しない。
 
 
というクズ状態でした笑
 
 
 
 
そんな僕が何を思ったか?
 
「毎日5分くらい参考書を、
 ちらっと見るくらいならいいか」
 
と超少ない時間ですが、
おとなしく勉強することにしたのです。
 
 
 
 
5分なので超短いですw
普通に参考書パラパラ―って、
見たら終了します。
 
 
 
 

何も見ないで思い出す訓練をし続けた結果

 
 
 
 
ですが、この短い時間しか勉強しないことで、
僕はある行為をするようになったのです。
 
 
それは…
 
思い出すことです。
 
 
 
 
「山川の教科書でいいから少し見るか~」
と思った僕。
 
 
2,3ページ見て、終了します。
 
 
短い時間しか勉強してないがゆえに、
 
「あれ?さっき書いてあった内容は、
なんだっけな?」
 
と気になったことが、
幸いでした。
 
 
 
「そういえば、さっき書いてあった
 内容なんだったっけ?」、
 
「あれ?今日どこの範囲見たんだっけな…」、
 
 
「聖徳太子について関係するものは~」
 
 
と、気づけば僕は必死に、
思い出すことをしていました。
 
 
僕は毎日日本史を勉強した夕食の間に、
ひたすら「思い出す」ということをしたのです。
 
 
 
この思い出すという行為は、
無茶苦茶負荷がかかります。
 
 
ですが、僕は机に向かって、
勉強したくなかったんですよね。
 
 
「まあ机に向かって勉強したくねえし、
 さっきやったものくらいは、
覚えておけるようになっとくかw」
 
 
 
と軽い気持ちで勉強してました。
 
 
 
 
そうして僕は模試の試験を迎えます。
 
国語と英語はちゃんと、
勉強していたこともあって、
 
「なんとかなるだろう」と、
完全に安心していました。
 
 
ですが、日本史に関しては、
 
「全然勉強していないし、
 ヤバい気がするw」
 
と不安モードな僕。
 
 
ですが、僕は日本史の模試を解きつつも、
ある違和感を覚えます。
 
 
「あれ?意外と解ける??」と、
意外とスルスル―と問題を、
解くことができたのです。
 
 
 
「あんま勉強してなかったけど、
 思ったよりできたな」
 
と一安心。
 
 
そしてその2か月後模試が返却され、
僕は衝撃を受けることになります。
 
 
 
日本史の偏差値が80に、
到達していたのですw
 
 
 
「なんで全然勉強してないのに80ww」、
と僕は全く信じられませんでした。
 
 
 
ですが、よくよく考えると、
 
「スキマ時間に日本史の内容を、
 ひたすら思い出す」
 
という行為を毎日繰り返していたことで、
記憶が完全に定着していたのです。
 
 
 

脳内勉強法を英語、国語にも使うようにしたら?

 
 
 
「これは使えるんじゃないか…」
 
と思った僕はスキマ時間に、
現代文、古文、漢文、英語の内容を、
「思い出す」ようにしました。
 
 
「昨日やった古文単語なんだっけな~」
 
「名詞とは主語、動詞の目的語、
 前置詞の目的語、補語の役割があって~」、
 
とひたすら「思い出す」ようにしました。
 
 
その結果、僕は勉強時間が少なくても、
記憶力が向上し、全教科の偏差値70を、
キープすることができるようになったのです。
 
 
そして僕は12月ごろには、
毎日の勉強時間が5時間と、
かなり減っていたのですが、
 
成績を落とすことなく、
早稲田の入試を迎えることができたのです。
 
 
無事早稲田に合格。
僕は晴れて早大生の仲間入りに、
なることができました。
 
 
 
 
で、今回僕が話した、
思い出すという行為ですが、
これは非常に記憶力を高めます。
 
これがあるのとないのでは、
成績に雲泥の違いが出てきます。
 
 
 
是非試してみてください!
 
 
 
ってことで、今回は僕が脳内暗記法を使って、
日本史の偏差値を80にし、早稲田大学に合格できた話でした。
 
 
また、具体的な勉強法については、
こちらのメルマガで詳しく、
話しています。
 
 
無料ですしいつでも解除できるので、
気になる方はこちらからどうぞ。

早稲田生が書いた受験メルマガを購読する

 

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください