気合いは大事だが、戦略なき気合は死ぬ

 
こんにちは。
かずきちです。
 
 
今日は気合いについて、
話していきます。
 
受験では超重要な「気合い」ですが
ほとんどの受験生が、
「気合い」を正しく使えていません。
 
 
 
これは超危険です。
 
 
気合いについて誤解したまま、
受験勉強を続けていると、
確実に死にます。
 
合格がマジで遠のきます。
 
逆に、これを知ると、
勉強すればするほど、
成績が上がり合格に近づきます。
 
 
短期間で成績を、
伸ばすことも十分可能です。
 
 

気合いに任せた勉強は超危険

 
 
僕が今回、言いたいこととしては、
 
気合いに任せて、
ただ闇雲に勉強している受験生多すぎる。
 
 
ということです。
 
 
 
 
「努力は必ず報われる」ということを信じて、
塾の自習室にこもりきり、
朝から晩まで勉強し続けたり、
 
 
他には、
成績が思うように伸びなくても、
 
 
「今はスランプなんだ。
 頑張りが足りないんだ」
 
と思い込んで、
今まで以上にひたすら勉強する。
 
のように、気合いだけで、
なんとかしようとするパターン。
 
これアカンです。死にます。
 
 

気合いだけで成績を上げようとしていた僕

 
 
というか僕が今まで気合だけで、
どうにかしてきようとして、
 
全く成績が伸びなくて、
苦しんだことがあったんですよね。
 
 
僕が高校3年生の11月の時のことです。
 
11月に模試が返却されて
全教科50、良くて55という
悲惨な結果を目にすることになります。
 
そこで僕は「これはヤバい」と焦りだし、
本気で勉強することにします。
 
 
 
 
 
そこで僕が取った戦略とは何か?
 
それは
 
「学校を休んで、
 ひたすら自宅で勉強し続ける」
 
というものです。
 
 
 
僕は
 
 
「学校を休んだら、
 毎日長時間勉強できる。
 むちゃくちゃ勉強してやるぜ」
 
と本気で思っていました。
 
 
 
 
そして、学校を休み、
家で勉強している途中に、
苦しくなったとしても、
 
「気合を出せ」と自分に言い聞かせて、
ひたすら勉強しましていました。
 
 
 
 
ですが、いくら毎日長時間勉強しても
全く成績が上がらないという事態に陥ります。
 
「なんでだ?一体なんで、
 成績が上がらないんだ…」
 
と歯ぎしりしていました。
 
 
 

気合いに任せて思考停止してしまう

 
 
 
 
ここだったら、
「なぜ成績が上がらないのか?」
ということを考える必要があるのですが、
 
僕は
 
「落ち込んでる暇なんてない。
 とにかく勉強をするだけだ。」
 
と考えて今まで通り、
勉強を続行したんのです。
 
 
 
 
 
気合いだけで、勉強しました。
 
成績が上がらなくても、
過去問が解けなくても、
 
 
「もっと勉強すればなんとかなる」
 
 
という気合だけで
必死に勉強し続けました。
 
結果、現役の時に受けた大学は、
ことごとく不合格となり、
浪人生活を余儀なくされました。
 
 
 
確かに、気合いは重要です。
 
 
気合いがなければ、
毎日勉強することなんてできませんし、
 
成績が伸びなかったり、
辛いことがあったとしても、
 
気合いがあれば
乗り越えられます。
 
 

気合い<<<勉強法

 
 
 
逆に、気合いがあって初めて、
受験勉強のスタート地点に、
立てると言ってもよいでしょう。
 
 
僕は中学生の頃、
 
効率の良さとかを考えずに、
気合いだけで狂ったように、
誰よりも勉強して、
 
一時的にクラス1位になれましたからね。
 
 
気合いはかなり重要です。
 
 
ですが、気合いだけに頼ってしまうと、
僕のように、かなりの遠回りを、
することになってしまいます。
 
 
 
さすがに、僕も「このままではまずい」と
浪人してからはやっと気づきますw
 
 
気合いだけじゃ無理だと。
 
 
その後、僕は高校時代の友人に、
勉強を教えてもらって、
英語の偏差値が2か月で、
10伸びたことがありました。
 
 
その頃の話はプロフィールで詳しく話しているので
そちらをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓
プロフィール
 
 
その時から、気合よりも、
はるかに大事なことがある、
ということに気づいたのです。
 
 
勉強の戦略、
勉強していく効率の良さ、
自分に合った参考書を選ぶこと、
などなど。
 
 
効率の良さであったり、
戦略を考えるようになってから、
成績の伸び方は異次元に変わりました。
 
60が限界だった日本史の偏差値が、
80になったり、
 
現代文の偏差値が。
75になったり、
 
あっさりと、
偏差値が伸びてしまったので、
僕自身も拍子抜けです。
 
「あれだけ、
 気合いが大事だと思って、
 狂ったように勉強していた、
 あの頃は一体なんだったのか?」
 
と感じてしまうことが、
本当に良くありました。
 
 
過去の自分には、
 
「気合いは大事だけど、
 気合だけではなんとかならない」
 
ということをマジで伝えたいですね。
 
 
だから、これを読んでいる受験生が、
 
「受験なんて気合いだけで、
 何とかなるぜ」
 
と思っているのであれば、
それは超危険なので、
やめておきましょう笑
 
 
それよりも、
 
「どういう戦略で勉強していくのか?」
 
 
という部分に焦点を当てたほうが
絶対に成績は早く伸びますし、
合格にも最短距離で近づけます。
 
成績が早く伸びたほうが、
確実にやる気も気合も高まりますしねw
 
 
それではまた。
 

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください