現代文と格闘するをレビューしてみる

 
どうも。
かずきちです。
 
 
今日は「現代文と格闘する」
をレビューしていきますね。
 
 
 
なぜ同じ問題集をやっても、
伸びる人と伸びない人がいるのか?
 
なぜ同じ授業を聞いても、
伸びる人と伸びない人に分かれるのか?
 
 
特に現代文ではそれが顕著です。
 
現代文の成績の伸ばし方についても、
この記事の中で触れています。
 
 
なので、これを読むことで、
なぜ今まで成績がのびなかったのか、
 
ということを知ることができます。
 
現代文を極めて、
偏差値70などつまらないことを言わず、
早稲田に合格するための参考書、
ということで紹介していきます。
 
 
 
それではレビューに入っていきます。
 
 
 
 
結構有名な参考書だと思います。
 
もちろんターゲット1900やネクステージのように、
「誰もが知っている参考書!」ではありませんが、
 
知る人ぞ知る参考書というイメージがあります。
 
 
 
 
で実際中身はどうなっているのかというと、
 
 
ひたすら文章を要約しまくる
 
 
これがこの参考書のメインの内容です。
 
 
形式段落、意味段落に分けて、
それぞれの要旨、要約を書いていく。
 
 
その後、河合塾の講師の要約を見て、
自分の要約と照らし合わせていく。
 
 
というのが、
この本の流れになっています。
 
 
 
 

現代文が得意な人の脳みそを手に入れる

 
 
この参考書の素晴らしい点は、
 
現代文がデキる人の考え方を、
そのまま理解できることにあります。
 
 
現代文ができる人は、
どうやって文章を読んでいるのか?
 
それを完全に丸パクリできるのです。
 
 
現代文が得意な人が、
 
・意味段落をどう分けているのか?
・段落ごとの要点、要旨をどう掴んでいるのか?
・文章の流れをどう追っているのか?
 
 
というのが全て暴露されているすごい本です。
 
 
もちろん、普通の参考書でも、
文章をどうやったら読めばいいか?
 
とうことは確かに書かれています。
 
 
 
ですが、この参考書ほど、
詳細に書かれているものはないでしょう。
 
 
 
 
なぜなら、
 
設問ごと、意味段落ごと、
形式段落ごと、文章全体でも
 
「ここはどう考えたらいか?」という部分から、
「ここで筆者が言いたいことは何か?」という部分まで
 
筆者が手厚く解説しているからです。
 
 
ここに書かれていることを、
マスターできたら最強です。
 
すなわち現代文講師の脳みそを、
ゲットできるということですから、
 
問題を解いていて、
「文章が読めないよ〜」と悩むことは、
まず無くなります。
 
これを極めれば、
早稲田の入試問題も楽勝です。
 
 
そう言い切っていいほどの内容が、
書かれています。
 
 
ただこの参考書には注意点があります…
 
それは…
 
 
 
 

偏差値60未満の生徒は絶対にやってはいけない

 
 
偏差値が60未満の受験生は、
間違っても「現代文と格闘する」を、
やってはいけません。
 
 
なぜなら
 
 
クソ難しい
 
 
からです。
 
 
 
 
むちゃくちゃ難しいです。
 
 
まず本文が難しい。
 
普通に早稲田法学部に出題されても、
おかしくないくらいの難易度の文章がちらほら。
 
 
ですがそのくらい難しい文章を、
要約する必要があります。
 
 
ただでさえ文章が難しいのに、
その文章を要約させられる鬼畜な参考書です。
 
 
 
しかも、意味段落の要約、
形式段落、の要約
文章全体の要約、要旨を
延々と書かされますwww
 
 
普通の受験生では、
間違いなく太刀打ちできません。
 
 
なので、最低でも偏差値が、
60以上ある受験生向け。
 
 
そして「絶対に現代文を伸ばしたい」
という熱意を持って、
この参考書に取り組まないと、
挫折します。
 
 
生半可な気持ちで取り組んではいけません。
 
 
 
偏差値60以下の人は、
こちらの参考書をやってください。
 
 
 
 
 
 
僕がオススメしているルートは、
 
言葉は力だ
↓ 
現代文解法のルート
 
です。
 
 
 
 
 
 
 
 
ですが、
 
もう俺はこの参考書で、
偏差値を75に上げてやるんだ!
早稲田の問題も8割にしてやるんだ!
 
という覚悟を持ってやれば、
 
この参考書だけで現代文の成績を、
異次元に伸ばすことができます。
 
センター現代文だろうが、
早稲田の過去問だろうが、
7割、8割は固いです。
 
 
模試でも偏差値70は超えます。
 
確実にです。
 
というか偏差値70を目指すのであれば、
格闘するはやらなくていいです。
 
偏差値75以上、
早稲田の過去問8割のレベルを目指すための、
参考書です。
 
 
 
 

なぜ現代文の成績が伸びないのか?

 
 
なぜどんなに勉強しても、
現代文の成績が伸びないのか?
 
 
その原因は、
 
指導力のない現代文講師が多すぎるから
 
です。
 
 
そもそも現代文の予備校講師であったり、
学校の教師は現代文を教えるのが上手だから、
 
先生になっているわけではありません。
 
 
 
人よりも読書が好きだったり、
文学を誰よりも勉強していて、
現代文が得意だから先生になっているのです。
 
 
もともと彼らは現代文が苦手ではありません
 
 
つまり、、、
 
 
現代文ができない人の気持ちが、
全くわからないのです。
 
 
「現代文?俺全く勉強してないけど、
 普通にできるんだよね〜」
 
 
こういう受験生は、
あなたの周りにもいませんか?
 
いわゆる”現代文のセンス”
があると言われてる人です。
 
 
滑稽なことに、
僕たちはその
”現代文のセンスがある人”から、
現代文を教わっているのです。
 
 
このことを知ってからは。
「そりゃ俺の成績伸びないよな…」
と思うようになったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

現代文の成績を伸ばすには??

 
 
現代文の成績を伸ばすには、
「文章に何が書かれているのか?」
を理解する必要があります。
 
 
「そんなの当たり前だろ!」
という声が飛んできそうですが、
 
 
 
僕が言ってるのは、
さらに細かいレベルの話です。
 
 
文章全体で何が書かれているのか?
段落ごとに何が書かれているのか?
文章全体を2つに分けるとしたらどこか?
形式段落と意味段落ごとに分けられるか?
意味段落に見出しをつけるとしら?
 
 
などなど、
クソ細かいレベルで、
文章の流れを理解できるようになれば、
現代文は成績が伸びるようになるんですよ。
 
 
 
「で、それを全部1つの参考書でやっちゃおう
  やったら成績伸びるから」
 
というのが、
「現代文で格闘する」
のコンセプトです。
 
 
 
予備校や学校の授業では、
「文章に何が書かれているか?」ということを、
生徒にやらせることはほとんどありません。
 
 
なぜなら、
 
めんどくさいから
 
 
消去法であったり、
解答の解説をそのまま読む、
という授業の方が明らかに楽です。
 
 
「この文はこういうことが、
 言いたくてさらにこの段落では〜」
 
なんて、細かくやっていたら、
時間がかかってしまいます。
 
 
普通の参考書でも
めんどくさいからというのは、
当てはまります。
 
大して実力のない先生からしたら、
 
要点、要旨、要約を長々と、
書き連ねていたら、
自分の実力がないことがバレてしまいます。 
 
 
それよりも、テクニックや消去法を使って、
問題を解いていく方が、楽ですし、
参考書も売れます。
 
 
で、それと真逆なことをやろうというのが、
この参考書の中身です。
 
 
ひたすら
「本文に何が書いてあるのか?」
ということを考えさせる。
 
頭をウンウン唸らせて、
要約を書かせる。
 
 
その要約を書いていくにつれて、
文章に何が書かれているのか?が、
わかるようになる、
 
そういった内容になってます。
  
 
 
ということで、
今回のレビューは以上です。
 
 
また、成績を上げて、
早稲田に合格するまでの
方法をまとめたメルマガはこちらからどうぞ。
 
 
 
無料で購読できますし、
いつでも解除できます。
 
現在、無料でセミナーを公開してるので、
興味のある方はどうぞ。

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

1 個のコメント

  • 言葉はちからだ買おうと思うのですが現代文キーワード読解は言葉はちからやればやらなくていいですかね?

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください