漢文早覚え速答法ではセンター高得点は無理。時代遅れの参考書。

 
こんにちは。
早稲田大学に通う、
かずきちと申します。
 
大学受験の情報を発信しています。
 
 
受験生の方は、
こちらの記事もオススメです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は漢文の有名な参考書である
「漢文早覚え速答法」について、
レビューしていきますね。
 
 
このレビューを読んで、
漢文の成績の伸ばし方を、
理解していってください。
 
 
また、「売れている参考書」
=「良書ではない」
 
ということに気づくことで、
参考書に惑わされることがなくなります。
 
 
良い参考書を選び、
正しい使い方で勉強すれば、
偏差値60だろうが70だろうが、
到達することが可能になります。
 
 
 

漢文早覚え速答法とは?

 
 
 
 

内容紹介

累計50万部突破、漢文の受験参考書ナンバー1がパワーアップして登場。暗記を最小限にし、「漢文に慣れること」を重視した点が多くの受験生に支持されて、20年以上のロングセラーとなっている。「漢字以外の読み」を覚えれば入試漢文は解けると実証した「10のいがよみ公式」ほか、漢文特有の「コレだけ漢字92」、出題者の意図を見抜く「受験のウラわざ」、さらに別冊「センター漢文攻略マニュアル+私大&記述対策」つき。
 
【本書の内容】
Ⅰ 10の“いがよみ”公式
Ⅱ コレだけ漢字92
Ⅲ 受験のウラわざ
田中先生のFAQ
 
別冊:センター漢文攻略マニュアル+私大&記述対策
1 センター漢文攻略法
2 漢文速習のコツ
3 私大と記述の対策
4 問題編
 
 
 
で、、、
この本のレビューなのですが、
 
結論から言ってしまえば、
 
この参考書はお勧めしませんw
 
 
その理由は後から書いていきますが、、、
 
この参考書は結構有名な参考書であり、
漢文のベストセラー的な本です。
 
 
ですが、賛否両論があるのも事実で、
受験生の間では評価が分かれています。
 
「これだけじゃ絶対にセンター8割、
 9割なんて無理だ!」、
 
「これだけでセンター満点取れた!」、
 
などなど、
これほど評価が分かれる本も、
珍しいのでは???
 
というほど真っ二つに分かれていましたね。
 
 
予備校の先生の中には、
この本を勧める人もいれば、
徹底的に酷評する先生もいて、
 
結局どっちなんだよwwww
 
 
 
と僕は昔から思っていました。
 
 
 

今のセンター試験には対応しきれていない

 
 
 
 
 
ということで、
かずきちが中身をチェックしていきますね。
 
 
 
 
こんな感じですね。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
受験生の時に使っていましたが、
再読してみて…
 
思ったこととしては、
 
 
 
 
 
今のセンター試験に対応できていない
 
 
 
というのが正直な感想です。
 
 
 
 
作者は
「ここにある句形を覚えれば大丈夫」
と言っていますが、
 
 
無理ですwwwwwwww
 
 
 
漢文のセンター試験は2000年度以降、
急激に難化しており、
 
 
絶対にこの本では対応できませんw
 
 
 
 
確かにこの本が出版された、
1990年度だったら、
 
この本だけで漢文は、
9割以上は取れたでしょう。
 
 
ですが、最近の傾向を、
見ていればわかるはずですが、
これだけでは無理です。
 
 
 
 
絶対に足りない。
 
 
この本に書かれている句形だけではなく、
単語、漢文常識を、
さらに暗記する必要があります。
 
 
この参考書に書かれている句形と単語だけでは、
今のセンター試験には太刀打ちできないな
 
と思ってしまいましたね。
 
 
 
それは実際に、
センター試験の過去問を見てもらえれば、
わかるはずです。
 
 
 
もし僕の言っていることが嘘だと思うなら、
 
最近のセンター試験の問題を、
この早覚え即答法を見ながら、
解いて見てください。
 
それでも高得点は取れないはずです。
 
 
 
 
 
確かに、
「これだけ覚えればいける!
 最小限必要なものを集めました!」
 
と言えば、
 
受験生は「マジか!」と思って購入しますから、
これに騙される人は多いはずです。
 
 
 
 
 
 
ですが、逆に僕はこの本を見て、
 
「本当に作者は漢文の先生なのか?」と、
 
疑ってしまいましたね。
 
 
 
だって最近のセンター試験の傾向をつかんでいれば、
 
「この本の内容だけで大丈夫!」なんて、
言えるはずがないからです。
 
 
 
うーん。
全くもって不思議です…
 
 
 
センター試験で漢文の得点が、
8割以上必要な受験生は、
さらに別の参考書で勉強する必要がありますw
 
 
「漢文なんかにたくさんも、
 時間かけていられるかあああああ」
 
って人が、
ほとんどだと思うので、
 
 
「漢文早覚え速答法」に加えて、
他の参考書をやるなんて正直コスパ悪いです。
 
 
 
オススメできませんね。
 
 
 
 

かずきちも浪人の時に早覚え即答法使ってたけど…

 
 
 
僕もこの参考書を、
浪人生の頃使っていたんですよね。
 
 
現役の時は超非効率な勉強をしていたので、
ほぼ漢文はノー勉で試験会場に突撃しましたw
 
 
浪人してからは、
「さすがに勉強ないとマズイ」と思ったので、
 
評判の良かったこの参考書を手にしたんです。
 
 
そうして、5周、10周と繰り返し、
頭に叩き込んでいきました。
 
 
 
ですが、、、
いざセンターの漢文を解いてみても、、
 
 
 
点数が取れないのです。
5割、6割程度という酷い点数。
 
 
 
 
「本では高得点取れるって
 言ってるのにおかしいな…」
 
と感じた僕。
 
 
 
本に書いてあることは、
全部マスターしている状態。
 
 
 
先ほどから言ってるように、
全く今のセンター試験に対応していないなと、
解いていて思いました。
 
 
本の内容と
センターの過去問と照らし合わせてみても、
 
「この本を完璧にしたとしても、
 高得点は無理だw」
 
と思い、その後漢文ヤマのヤマと、
漢文句形とキーワードに乗り換えました。
 
 
 
 
 
 
その後、漢文ヤマのヤマと他の参考書で、
8割、9割くらい、
コンスタントに取れるようになったので、
今この記事を書いているわけですが、、、
 
 
 
 
最初から「漢文ヤマのヤマ」をやれば良かったwwww
 
 
というのが僕の感想です。
 
 
 
 
 
 

漢文早覚え速答法は高校1年生向け?

 
 
 
初めから、
 
「基礎中の基礎を身につける!」
 
と割り切って、
この本に取り組むのは悪くないでしょう。
 
 
 
ですがそうなると、
やはりこの参考書の使い手が限られます。
 
 
 
 
漢文が苦手な受験生???
 
勉強始めたての高校1年生とか???
 
 
 
うーん。
 
 
とても受験生向けの参考書とは言い難い笑
 
 
 
僕は最短距離で最速で成績を伸ばして、
早慶に合格することをコンセプトとしているので、
「漢文早覚え速答法」はオススメできません。
 
だったら、初めから網羅性のある、
「漢文ヤマのヤマ」をオススメします。
 
 
 
 
 

有名な参考書=良書、とは限らない!!!!

 
 
今回は「漢文早覚え速答法」をレビューしました。
 
 
この記事から言えることは、
 
「有名な参考書=良書、とは限らない!!」
 
ということです。
 
 
 
 
一番悲惨なのは、
 
「この参考書有名らしいな〜。
 これやったら成績伸びるんだろうな」
 
 
と思って、
参考書を購入し、
自爆するパターン。
 
 
 
「なんで有名な参考書をやってるのに、
 成績が伸びないんだ!!!」
 
 
まさに昔の自分ですね笑
 
 
 
ですから、
「参考書選びは慎重に」ということです。
 
 
悪い参考書を選んだり、
参考書の使い方を間違えると、
 
どんなに頑張っても成績は伸びませんので、
注意していきましょう。
 
 
いい参考書を買ったのに成績が伸びなかった話はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
  
 
 
 
また、成績を上げて、
早稲田に合格するまでの
方法をまとめたメルマガはこちらからどうぞ。
 
 
 
無料で購読できますし、
いつでも解除できます。
 
現在、無料でセミナーを公開してるので、
興味のある方はどうぞ。
 
 

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください