「田村のやさしく語る現代文」はクソ。現代文を舐めてる。

こんにちは。
かずきちです。
 
 
今日もクソ参考書レビューということで、
田村のやさしく語る現代文を
酷評していきます。
 
 
 
この記事を読んで、
現代文とはなんなのかを理解して、
成績を伸ばしていってください。
 
 
こんな参考書に引っかからなくなれば、
現代文の成績も簡単に伸ばせるようになります。
 
センスと言われる現代文の偏差値を、
70に上げていくためには、
必須の内容です。
 
 
 
 
 
まず結論から言うと、
「田村のやさしく語る現代文」はクソ参考書です。
 
 
ジャンル:現代文の演習
 
内容:第一部では、現代文を基礎から解説する
   第二部では、入試現代文に挑戦する。入門書として最適な内容。
 
 
 
 
 
こんな参考書をやっても、
絶対に現代文はできるようになりませんw
 
 
 
筆者はどんなつもりで、
この参考書を書いたのか知りませんが、
受験生を舐めすぎですw
 
 
今すぐゴミ箱に捨ててください。
マジで意味ないですから。
 
 
 
なんでこんなにクソ参考書なのか、
理由を説明していきますね。
 
 

田村のやさしく語る現代文は解説が薄すぎる

 
 
「この参考書は解説が詳しい」
とか意味不明なことを、
言ってくる先生が多いのが事実。
 
 
 
この本で解説されていることは、
 
・設問の解説(しかも消去法が大半)
 
・接続詞の解説
 
・助詞の解説
 
のみです。
 
 
 
あとは、
「本文を基にして考える」
と言う至極当たり前のことが、
つらつら書かれています。
 
 
 
 
しかも接続詞の解説は
「しかし」だけしかない。
 
助詞も、「も」について、
多少触れられてるくらいですね。
 
 
 
「うーん。何これ?」って感じです。
 
 
 
はっきり言いますが、
時間の無駄です。
 
 
 
 
 
確かに現代文の点数を上げるためには、
接続詞を学ぶことは、
避けては通れません。
 
 
ですが田村の優しく語る現代文は
「しかし」しか詳しく触れられてません。
 
1冊かけて「しかし」だけを学ぶ
「田村のやさしく語る現代文」
 
うーん。
コスパ悪いw
 
 
としか思えませんね。
 
 
これをやるくらいなら、
最初から現代文解法を覚えた後に、
 
読解キーワードを頭に叩き込んでいく方、
100%いいと断言できます。
 
 
僕がオススメしてしているこちらの参考書
 
 
 
 
 
 
こちらを使うことを推奨します。
 
 
接続詞だけではなく、
文章の読み方、
 
背景知識として絶対に必要な重要語句が
書かれています。
 
 
田村のやさしく語る現代文を
やるくらいなら、
こちらの参考書をやった方が
絶対に成績は上がります。
 
 
断言します
 
 
 

本当に現代文ができない人向けの本?

 
 
筆者は「現代文が苦手な人向けの本」と謳っていますが、
 
正直疑問でしかありません。
 
 
 
 
なぜなら、
 
受験生を混乱させるような内容が、
多く見られるからです。
 
 
 
 
 
例えば、
 
しかしの後には、作者の意思が入る。重要なポイントである
 
という筆者が話すテクニック。
 
 
 
正直これほどナンセンスな説明はありません。
 
 
 
確かに、「しかし」が入ったあとに、
作者の意思が入ることはありますが、
注意すべきはそこではないでしょう。
 
 
「しかし」という単語を見たとき、
 
 
この文章は二項対立の文章なのか、
 
この「しかし」は、この文において重要なのか?
 
この「しかし」によって、前後の文章の流れが変わっているか?
 
この「しかし」は形式段落、意味段落でどのような役割を果たしているか?
 
 
これらを見抜けるようにならなければいけないのです。
 
 
 
そもそも現代文は、
文章全体、形式段落、意味段落ごとに、
どのようなことが書かれているか?
 
そして1つの文や段落に注目したとしても、
 
「その部分がどのような役割を、
 文章の中で果たしているのか?」
 
を考える必要があります。
 
 
 
 
ですが、、
 
 
 
 
「しかし」が入った後に、
作者の意思がが入るという説明は、
 
 
形式段落や意味段落を無視して、
前後の文しか着目していませんw
 
 
 
 
 
これでは現代文の成績が、
伸びるわけないでしょう。
 
 
 
「本当に現代文の講師なのか?」と、 
疑いたくなるレベルです。
 
 
こんな解説では、
このパターンが当てはまらない、
問題を解いた時に、
 
「しかしの後は重要って言ったのに、
 全然使えないじゃねえか!」
 
と受験生が困惑する姿しか浮かびませんw
 
 
 
 
こんな本をやったら、
現代文が得意になるどころか、
 
変なテクニックを身につけたせいで、
逆に点数が下がったり、
伸び悩んだりする可能性が大です。
 
 
 
 
 

現代文は文章の構造を理解することが大事

 
 
 
現代文は文章の構造を、
理解することが非常に大事になります。
 
 
文章の構造というと、
難しく聞こえますが、
 
 
「文章がどのように書かれているか?」
 
 
というマクロな視点を理解することが現代文の肝です。
 
 
 
 
なぜ一段落目にこの内容が書かれているのか?
なぜ二段落目にこの内容が書かれているのか?
この文章を2つに分けるとしたらどこで切れるか?
この文章を3つに分けるとしたらどこで切れるか?
この文章の要点は?
この文章の要旨は?
文章ごとの要点は?
なぜ筆者はこの文章を書いたのか?
 
 
 
ということをマクロな視点から、
理解することが大事になるのです。
 
 
 
 
ですが、この田村の優しく語る現代文では
 
「しかしの後には作者の意思が入る」などといった
 
一文レベルの超ミクロな話しかしていませんw
 
 
 
 
 
もちろんそのような、
ミクロな視点は非常に大事なのですが、
 
文章の構造を理解する、
というマクロな視点なしに、
 
そんなテクニックを、
身につけても無意味ですw
 
 
 
僕がこの本を読んでいて、
腹が立ったのは、
 
そのような付け焼き刃のテクニックだけで、
現代文は解けるようになる、
 
という作者の雰囲気を、
感じたことです。
 
 
 
これで現代文解けるようになったら、
苦労せんわい。
現代文を舐めるなよと思いましたね。
 
 
受験生時代、偏差値が45という、
底辺だった昔の自分に、
アドバイスできるなら
 
この参考書を勧めることは、
100%絶対ありませんw
 
 
 

田村のやさしく語る現代文で成績が上がった?

 
 
アマゾンの評価を見てみると
 
 
 
 
 
なぜか信じられなくらいの高評価。
 
 
確かに、この本は語り口調で話されているので、
人によっては、
 
「わかりやすい、読みやすい」
と感じた人もいるでしょう。
 
(僕は回りくどくてイライラしましたがw)
 
 
 
 
ですが、そもそも書かれていることは、
この参考書でなければ学べないことは、
全くありません。
 
 
それどころか、他の参考書の方が、
解法や語句の解説を体系的にまとめていますから、
この参考書を敢えて使う必要はないでしょうw
 
 
 
どの参考書にも書かれていることばかりです。
 
 
なんでこの参考書を、
そんなに持ち上げるのか??
意味不明です。
 
 
 
「田村のやさしく語る現代文で成績が伸びた!」
と言っている人が多い気がするのですが、
 
 
 
この参考書を使って、成績が伸びた人は、
おそらくどの参考書を使っても、
現代文の成績が伸びたでしょう。
 
 
それくらい内容は薄いです。
 
 
 
 
僕は今や受験生を指導する立場なので、
「人によっては伸びる参考書」を、
勧めることはできません。
 
 
どの受験生が使っても、
絶対に成績が伸びる参考書を、
使い方とともに指導しています。
 
 
 
その立場から言わせていただくと、
マジで使う必要がない参考書です。
 
 
これをやるくらいなら、
入試現代文のアクセスであったり、
 
言葉は力だなどの、
キーワードを覚える方が
成績は伸びます。
 
 
 
 
 
マジでなんでこんなにこの参考書が、
絶賛されているのか意味不明です。
 
 
ってことで、
酷評のレビューでした。
 
 
 
また、成績を上げて、
早稲田に合格するまでの
方法をまとめたメルマガはこちらからどうぞ。
 
 
 
無料で購読できますし、
いつでも解除できます。
 
現在、無料でセミナーを公開してるので、
興味のある方はどうぞ。

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

2 件のコメント

  • 質問して良いですか?もしよろしかったらご返信よろしくお願いします。
    私は中央志望で現代文が偏差値低すぎるので基礎からと思い別サイトでこの参考書についてお勧めと書いてあり田村優しく.現代文講義1.2を買ってしまいましたがこの記事を見て田村が意味無いことにきずけて良かったです。
    やさしくはたしかに読んでて接続詞これ勉強あんまり深くできんやんと思ってましたが繰り返し読めばきっととか思ってたので危なかったです。
    でも田村現代文講義ってどう思いますか?読んだことないようでしたらごめんなさい!
    現代文講義やらないで
    こちらに記載されてるおすすめの参考書買っていく方がいいですかね?
    2冊両方買うべきですかね?

    よろしくお願いします

    • こんにちは、かずきちです。
      田村の現代文講義はさらっと昔に読んだことがありますが、
      すみません、あまり覚えていないです。

      ただ、個人的にはルートとしてはあまりオススメしていません。
      田村で伸びる人は他の参考書でも伸びると思っています。

      実際には本屋で立ち読みして読み比べてみてください。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください