英文法レベル別問題集で文法をマスターしろ!

こんにちは。
早稲田大学に通う、
かずきちと申します。
 
大学受験の情報を発信しています。
 
 
受験生の方は、
こちらの記事もオススメです。
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は「英文法レベル別問題集」
をレビューしていきます。
 
この記事を読めば、
どうやって英文法の成績を
最短最速で伸ばすことができるのかが、
理解できます。
 
 
他の受験生が長時間かけて、
英文法に取り組む中、
遥かに少ない労力で、
英文法をマスターすることが可能です。
 
僕の知り合いはこの参考書を使って、
1ヶ月で英語の偏差値を70にあげましたからね。
 
 
英文法レベル別問題集を使えば、
簡単に成績を伸ばすことが、
できるようになるので、
このまま読み進めていってください。
 
 
 
 
 

英文法レベル別問題集とは?

 
この参考書です。
 
 
 
科目:英語
 
ジャンル:英文法
 
出版:東進ブックス
 
筆者:安河内哲也
 
 
 
 
とこんな感じです。
 
1巻から6巻までに分かれており、
偏差値40から70の人まで対応しています。
 
 
 
 

薄っぺらい文法問題集。挫折しない!

 
 
結論から言うと、
この参考書は文法を極めるのに、
非常に使い勝手がいい参考書です。
 
 
神です。神。
 
 
受験生時代、非常にお世話になりました。
 
 
センター試験から、
マーチ、早慶まで
 
「文法問題はこの本に救われた」
と言っても過言ではありません。
 
どの試験でも、
僕は文法問題で合格点を取れました。
 
 
 
 
 
 
このシリーズでは、
ネクステージや英頻など、
分厚い1冊にまとまっている、
参考書とは違い、
 
 
レベル別に構成したことで、
自分のレベルにあった演習が、
できる本です。
 
 
 
普通、文法の問題集は1000問とか
普通に超えてるんですよねw
 
多すぎでしょw
みたいな。
 
もちろん、
 
これ1冊を全部極めたら、
もう他はやる必要がないんだから、
頑張れよ
 
という意見はわかるのですが、
 
 
 
問題数が多いあまりに、
挫折する人も多いのが事実です。
 
 
 
 
ですが、この参考書はレベル別構成で、
問題がうまく整理されており、
 
1冊を終えていくための負担が、
ちょうどよくなっています。
 
 
 
 
そのため、やる気を持続させやすく、
挫折することはほぼないでしょう。
 
 
 
 
 

この参考書の具体的な使い方

 
 
基本的に僕は英文法を学ぶときは、
このレベル別問題集をオススメしています。
 
 
まず1から6までを、
全部やってもらうという感じです。
 
 
ぶっちゃけそれだけで、
大学受験の文法問題はカバーできますw
 
 
 
ていうか5と6は、
やらなくても偏差値70超えますけどね。
 
 
 
自分の志望校の過去問を見て、
難解な文法問題が出題される場合は、
5と6を使うって感じです。
 
 
 
やり方としては、
問題を見た瞬間に口から、
答えが出てくるまでに、
何周も問題集を繰り返します。
 
 
そして、繰り返すときは、
絶対に書かないでひたすら喋ります。
 
 
とにかく喋るんです。
 
 
 
 
喋って覚える具体的な方法については
こちらの記事を
↓ ↓ ↓
 
 
 
 
文法問題を解く時は、
ノートに書いて覚えていけと、
予備校の先生は言ってきますが、
 
そんなものは全くもって非効率です。
 
 
 
 
ノートに書いて覚えていたら、
暗記するのに膨大な時間が、
かかってしまいます。
 
 
僕のブログでは、
最短距離、かつ最速で、
早慶に合格することを、
コンセプトにしています。
 
 
なので「書いて覚える」という、
非効率な勉強法はアウトです。
 
 
 
 
 
 
 

分冊にすると効率が悪い?

 
 
「ネクステージみたいに1冊に
 まとまったやつをやればいいじゃん」
 
と感じる方もいると思います。
 
 
 
ですが、文法問題1000問をレベルを分けずに演習していくのは、
本来かなり効率の悪い作業です。
 
 
 
例えば、
ターゲットという英単語帳でも、
1900や1200などで分かれています。
 
 
それを合わせてターゲット3100
という単語帳だったら、
正直萎えませんか?
 
 
ダルいですよね。
絶対挫折しますw
 
 
だから、分冊というのは決して、
非効率ではありません。
 
 
 
むしろ分冊にすることで、
1冊ごとのページ数は少なくなりますから、
薄くなります。
 
 
参考書が薄いと、
挫折するリスクが減るので、
むしろ分冊の方が長い目で見たら、
得になることも多いんですよ。
 
 
 
 
また、薄い参考書の方が、
何周も繰り返すことができるので、
 
記憶に結びつきやすい
 
というメリットがあります。
 
 
 
 
実際に僕が英語の偏差値を、
2ヶ月で55から65に上げた時も、
 
薄い参考書を10周、20周も繰り返す
 
という方法で僕は勉強していました。
 
 
逆に10周、20周もやったおかげで、
完全に忘れなくなりましたw
 
 
 
僕が2ヶ月で英語の偏差値を10あげた時の話はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
 
 
 
 
 

ちゃんと英文法の問題を網羅してる?

 
 
 
この問題集で大学受験の英文法は、
網羅していると断言できます。
 
順に見ていきましょう。
 
 
レベル1 公立高校受験レベル
 
レベル2 難関私立高校受験レベル
 
レベル3 センター試験基礎レベル
 
レベル4 センター試験・中堅私大レベル
 
レベル5 有名私大・国公立レベル
 
レベル6 難関私大・難関国公立レベル
 
 
 
こんな感じでですね、
高校レベルから始まり、
最後には難関大学のレベルまで、
網羅しています。
 
 
1は高校の内容なだけあって、
 
簡単ですが、
 
 
5や6になるとムズイですw
ネクステージよりも格段に難しいです。
 
 
 
「なにこれ??」みたいな問題も、
普通に出てきます。
 
 
レベルについては、
間違いなく基礎から応用まで、
網羅しています。
 
 
 
 
じゃあ、「問題数は大丈夫なのか?」、
という疑問ですが、
 
それについても見ていこうと思います。
 
 
 
ネクステージなどの参考書に比べると、
薄っぺらいので、
 
「こんな薄くて大丈夫なの??」
 
と感じる方が多いでしょう。
 
 
ですが、1つの問題集につき、
問題集はやく275問あります。
 
ということは、
6冊仕上げた場合、
1650問解いたことになります。
 
 
問題数としても、
申し分ありません。
 
 
網羅性は確実にあると、
言っていいでしょう。
 
 
 
 
 
実際、早慶の難問と言われる
文法問題を過去問で解いたことがあるのですが、
 
 
英文法レベル別問題集の5と6で、
ほとんど対応できました。
 
 
 
早稲田の社会科学学部の正誤問題レベルになると、
さらに他の参考書で対策する必要がありましたが、
 
 
早慶の他の学部では、
この問題集をこなして、
 
 
「文法問題の合格点が全く足りない」
 
 
という状態に陥ることは
なかったんですよね。
 
 
 
 

ネクステージじゃダメですか??

 
 
これまた多い質問ですね。
 
かずきちさんはレベル別問題集を
勧めていると思うんですが、
ネクステージじゃダメですか??
 
 
 
そうですね、、、、
 
 
 
学校の先生は、
「どの参考書でも変わらない。
 やれば上がる」
などと言っていますが、、、
 
 
僕としては、
「やはり英文法レベル別問題集」を、
オススメしています。
 
 
 
 
なぜか???
 
 
 
それは、
 
ほとんどの受験生が中学英語から、
やり直す必要があるからです。
 
 
偏差値が40しかなかったり、
50しかない生徒は、
中学英語に穴がある可能性が大です。
 
なので、まず中学英語を、
徹底的に復習し直す必要が出てきます。
 
 
ですが、ネクステージは、
中学英語の問題は、
ほぼ載っていませんw
 
 
なので、本来ネクステージは、
中学英語をちゃんと学習した人しか、
使ってはいけないのです。
 
 
 
ですから、偏差値40の状態で、
ネクステージを使うと死にますw
 
全然成績は上がりませんw
 
 
なので中学レベルから網羅性のある、
レベル別問題集を僕は勧めているのです。
 
 
 
 
 
実際僕も文法を学ぶ最初の1冊目に、
ネクステージを選びました。
 
そしてネクステージを、
進めて行ったのですが、
 
 
チンプンカンプンでした。
 
 
「難しすぎる…なにこれ…」と、
僕は困惑してしまったことを覚えています笑
 
 
 
現役時代の時は、
「ネクステージは難しすぎる…
 何だこの参考書」
 
と思っていました。
 
 
ですが、浪人してから、
中学レベルの英語からやり直し、
 
基礎を身につけた後、
ネクステージに再挑戦してみたところ、
 
「うおお。現役の時にできなかった
 ネクステージが解けるぞおお」
 
と興奮したのを覚えています笑
 
 
 
 
 
 
 
また、ネクステージは参考書が分厚いので、
 
挫折する人が多い、
 
ということが挙げられます。
 
 
参考書を使うにあたって大事なのは、
ひたすら何周も繰り返して、
暗唱レベルにまでもっていくことです。
 
 
そう考えると参考書を選ぶ段階で、
挫折する可能性があるものは、
 
極力選ばないようにすることが、
時間を無駄にしないためにも、
適切な戦略なのです。
 
 
 
 
 

分厚い参考書は挫折する可能性が高い

 
 
 
「ネクステージは分厚いから
 挫折リスクがある」
 
ということをお話ししてきました。
 
 
挫折リスクとは、
 
参考書をやっている途中で、
「分厚い…」、「難しすぎる…」
といった理由から、
 
その参考書を使うことを、
諦めてしまうことを言います。
 
 
「参考書を挫折する」のは、
ちょーーーもったいないんですよね。
 
まず何より時間がもったいないです。
 
 
 
 
参考書は、
何周も何周も繰り返して、
完璧に仕上げることが大事です。
 
 
ですが、挫折してしまうと、
反復不足の状態で、
参考書をやめてしまうわけですから、
 
 
結局何も知識が身につかないまま、
時間だけを無駄にしたことになるんです。
 
 
 
これはちょーもったいないです。
 
 
 
 
といっても受験生時代、
僕はたくさんの参考書に取り組み、
挫折しまくってきましたw
 
 
その中で多かったのが、
分厚い参考書ですw
 
 
 
なぜ分厚いと挫折してしまうかというと、
 
一周するまでに時間がかかりすぎてしまい、
全部覚える気が全くしないからです。
 
 
こんなたくさんの量覚えられるのかなあ…
 
と過去の僕は不安になりまくりでした。
 
 
僕が分厚い参考書に取り組んで、
挫折した時の話はこちらで話しています
↓ ↓ ↓ ↓
 
 
 
 
ですから、参考書を選ぶ時は、
挫折する可能性を極力減らすために、
 
 
「分厚い参考書を避けて、
 薄い参考書を選ぶことが大事」
 
だと僕は学んだんですよね。
 
 
 
 
 
ということで、
今回は英文法レベル別問題集の
レビューでした。
 
この参考書を使って、
英文法を極めていってください。
 
 
参考書の使い方を極めて、
偏差値70にする方法については、
こちらの記事で説明しています。
↓ ↓ ↓ ↓
 
 
 
 
また、成績を上げて、
早稲田に合格するまでの
方法をまとめたメルマガはこちらからどうぞ。
 
 
 
無料で購読できますし、
いつでも解除できます。
 
現在、無料でセミナーを公開してるので、
興味のある方はどうぞ。

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

2 件のコメント

  • 質問です、
    2カ月でこの参考書のレベル1~6まですべてやったんですか?目安として1冊どのくらいの期間と一日の取り組み時間を教えてください。※単なる参考です。同じ時間で取り組めるとは思ってないです。

    • こんにちは、かずきちです。
      僕がやったのは1〜4までですね。

      僕は1冊2週間弱、毎日3〜4時間で終わらせてました。
      その期間はその参考書と解釈をやっていたという感じですね。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください