「かずきち?なんだこいつ怪しいな、勉強法とかそんなの嘘だろ」

こんにちは、かずきちです。

ある一人の受験生の話をします。

「かずきち?怪しいなこいつ・・・」

 

「かずきち?なんだこいつ?
 超絶怪しいな・・・・」

僕のYoutubeやブログを見た時は、
そんな風に思ったそうです。

 

「勉強法とか絶対嘘だろw」

「2ヶ月で偏差値が55から65?
 そんなのありえん。嘘に決まってるわ」

そう思いながら、
ブログやYoutubeを、
見ていった。

 

でも、実際に、話を聞いてみると、
至極まともなことを言っている。

別に変なことも言ってないし、
ちゃんと筋が通っている。

 

「うーむ。何者なんだこいつは・・・」

 

そう思いながら、
ブログ、Youtube、メルマガを、
漁りに漁りまくった。

 

やっぱり、まともなことを、
本人は言っている。

 

それに、勉強時間が重要じゃないとか、
予備校を信頼してはいけないとか、

そんな話、生まれてこのかた、
全く聞いたことがなかった。

「マジかよ・・・」

そう思うようになっていった。

 

「てか、いくら勉強しても、
 成績が伸びなかったって、
 これ俺と同じ状況じゃん・・・」

少し、かずきちという人間に、
親近感を覚えた。

なんせ、今死ぬほど勉強してるのに、
全く成績が上がらないからだ。

このかずきちという人も、
そんな状態になっていたらしい。

へー。昔から頭が、
良かったわけじゃないんだなこいつ

 

「よくわからないけど、
 この通りやってみるか」

 

そして、僕の指導を受けながら、
ブログやYoutubeの通りに、
勉強をしていった。

成績が伸びずに困っていた高校3年生

 

はい。

 

彼は高校3年生だったそうなのですが、
成績が伸びずに困っていたそうです。

 

人並み以上に勉強はしてる。
だいたい、5時間以上は毎日してる。

なのに、成績が、
全く伸びなかったとのこと。

 

で、僕のブログを見ていたら、
全く同じ状況だということに、
気づいたそうです。

 

「勉強すれば必ず成績は上がる」

そう信じて勉強していたけど、
成績は全く上がらなかった。
むしろ、成績は下がった。

 

もう、発狂寸前だったそうです。

「なんで、勉強してるのに、
 成績が上がらないんだよ!」
という状態でした。

 

そんな状態の中、
僕の指導を受けるに至ったのですが、

先日、英語の偏差値が、
50の状態から、
70に到達したそうです。

 

いや、もうこれはおめでとうとしか、
言いようがないです。

 

本人もだいぶ喜んでいたようで、
あとは国語と世界史を同じ要領で、
ただやっていくだけと言ってました。

 

無駄な勉強をさせないことを徹底

 

で、これは結構、
受験生のあるあるなんですけど、

成績を伸ばすためには、
裏技みたいなものは、
必要ないです。

 

それより大事なのは、

無駄な勉強を0にすること、
必要な勉強しかしないこと、

です。

 

だから、実際に僕が指導をする際は、

まず、無駄なことを、
やらないように注意します。

 

余計なことをやってたら、

「それ必要ないから、
 ストップして」

と指摘します。

 

だから、一番大事なことを、
やる時間が増えてきます。

 

その流れに乗って、
成績が伸びてくんです。

 

勉強法というと怪しいけど、要は一番大事なことに特化するだけ

 

勉強法というと、
かなり怪しい響きになるので、
胡散臭いと思う受験生も、
いるかもしれません。

 

ですが、勉強法って、
別に怪しくもなんともなくて、

「一番大事なことだけを、
 やってもらう」

ということに過ぎません。

 

だから、成績も伸びるし、

勉強したらした分だけ、
成績が勝手に伸びていきます。

 

別に、怪しくもなんともない。

ただ、表現が見つからないから、
勉強法と言ってるだけです。

 

成績が伸びない理由は成績に直結しない無駄な勉強をしているから

 

成績が伸びない理由は、
色々あります。

なので、個々人の話を、
聞かないと、微妙な部分は、
確かにあります。

 

ですが・・・・・

ほとんどの受験生に、
共通してるのは、

 

「その勉強って優先度低くないですか?
 ていうか、今やるべきことじゃないですよね?」

ということです。

 

勉強の仕方が間違ってる以前に、

「今やるべきことを、
 やれていない」

という状態がほとんどです。

 

今、本当に必要なことをやれてない。
だから、成績が伸びない。

という負のループに、
陥ってしまうわけです。

 

本来、成績というのは、勉強したらした分だけ伸びるもの

 

で、僕が成績が伸びるようになって、
まず変わった考えがあります。

 

それは・・・

「あー成績って勉強すれば、
 するほど伸びるものなんだ」

という感覚です。

 

昔の僕は、

「成績は簡単には伸びない。
 たゆまぬ努力が必要だ」

と思っていたんですね。

 

でも、成績が伸びてから、
この考えは完全に変わりました。

 

成績が伸びるために必要なことを、
やっているんだから、
やればやるほど成績が伸びる。

 

それに、実感としてそれを、
感じることができている。

という状態になりました。

で、進学校の人とか、
頭のいい人たちって、
常にこう考えてます。

 

「だって今必要なことをちゃんと、
 毎日やってるじゃん?」

「無駄な勉強してないじゃん?」

と彼らが、
思っているからですね。

 

成績が伸びてないなら、勉強の仕方を見直すべき

 

だから、僕が色んな人に、
アドバイスしてるのは、

 

「成績が思うように伸びなかったら、
 まず勉強の仕方を見直しましょう」

「成績が伸びないことを、
 自分の努力のせいにするのはやめましょう」

「そして、もっと頑張らなきゃと思って、
 勉強時間を増やすのはやめましょう」

ということです。

ということで、
今回は以上です。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください