眠いなら寝ろ。死にたいのか?

眠いのですが、どうすればいいのですかという質問がくるが、寝るしかないに決まってる。

眠い中勉強しても、集中力が下がる。

そもそもなのだが、「眠いのですが、どうすればいいのですか?」という質問をする奴は

「自分が眠くて仕方がない時に勉強していると、集中力が著しく下がって、全く頭に入らない」という自覚症状がない。

「集中力」に対する理解が著しく欠けている。

 

眠くて仕方がない時の暗記度合いと、頭がスッキリしてる時の暗記度合いを比較してみればわかる。

 

 

眠い中勉強して、全く集中力が続かない中、勉強して、それが習慣化したらどうなると思う?

眠いなら寝ろ。死にたいのか?

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください