モチベーションを上げた後の恐るべき代償とは?

こんにちは、かずきちです。

前回までの内容はブログに載せてるので
忘れた人は目を通してもらえればと思います。

「二浪くんとの対話 モチベーションの本質」

で、、、、、、、

続きをそれでは書いていきます。

 

 

受験生の相談に乗っていく過程で、
「モチベーションが湧きません・・・」
という悩みが非常に多く出てきたことに気づきます。

で、これは多分、あるあるの悩みですし、
悩んでる人も多いだろうな〜と思ったので、

「モチベーション維持を自分でできる方法」
が分かったとしたら、最強じゃないのか???

と考えたんですね。

 

だから、モチベーション維持とかメンタルの部分を
ひたすら勉強するようになりました。

ただ、ここからが本当に大変で、
今も苦しみまくっています。

何が大変なのかと言うと、
まあ色々あります。

・モチベーション維持などの自己啓発の勉強やセミナーは値段が高すぎる
(1つのセミナーで100万したり、教材だけでも10万近くする)

・故に受講者が少ないため、口コミがない。故に申し込んでみないとわからない

・人によって言っていることが違うため、何が正しいのかわからない
(目標は高い方が良いと言う人もいれば、現実的な方が良いと言う人もいます)

などなど。。。。

 

 

そして、一番大変なことは何かと言ったら、

「自分の今までの知識や常識は
 自己啓発やモチベーション維持の世界には
 全く通用しない」

ということです。

学べば学ぶほど、自分が今まで学んできた
モチベーション管理法が誤っていたことに気づきます。

例えばですけど、よくモチベーションのあげ方とか、
モチベーションを高くするには?みたいな話って、
ありますよね。

で、その方法の一環として。・・・・・・

・頭の良い生徒と話をしまくったり
・先生に何度も質問しに言ったり
・オープンキャンパスに行ったり
・合格者の話を聞いたり
・ネットで大学のことについて調べてみたり

すると思います。

 

でも、これって実は非常に危険なのです。

例えば、実際にオープンキャンパスに行って、
大学生の話を聞いてみたりとか、
予備校で合格者の話を聞いたとします。

その瞬間はやる気がむちゃくちゃ上がるわけです。

「よっしゃ!!!頑張るぞ。これから毎日勉強だ!!」
と。

モチベーションが上がるわけですね。
最高潮になります。

そりゃあ、実際にわざわざ大学に行って、
「この大学に行って人生を変えるんだ!!」
と思っていたら、その時はモチベーションが高くなります。

 

 

ですが、これが落とし穴で、
モチベーションは上がると落ちてきます。

長い期間、モチベーションを最高潮で保てるほど、
人間は強くありません。

なので、当然モチベーションは落ちてきます。

で、その落差が激しくなってしまうので、
モチベーションが落ちてきた時に、
軽いうつ状態っぽくなってしまうのです。

これ恐ろしいですよね。

モチベーションを最高潮まで上げたせいで
通常で普段通りのモチベーションに戻ると、

「とてつもなくモチベーションが落ちた感じ」
になります。

上げたことによって以前の自分の状態よりも、
下がったように錯覚してしまうからタチが悪いです。

 

 

しかし、このカラクリを知っていれば、
「モチベーションが上がった時」に、

「あ、今モチベーションが上がったな。
 だから、しばらくしてモチベが下がった時に
 気をつけないと・・・」
と事前に注意することができます。

そのため、仮にモチベーションが下がっても、
やる気が出なくなることはありません。

(*これかなり大事な話ししてますよ。絶対に覚えておきましょう。)

 

もちろん、オープンキャンパスに行ったり、
モチベを上げることを否定するわけではないですが、

こーいう所でもモチベーションとかやる気というのは、
奪われて行ったり、持ってかれることがあるのです。

で、自己啓発や目標達成の勉強をしていると、
このような常識をぶっ壊す話が大量に出てきます。

だから、正直、僕自身も勉強をしていて、
かなり楽しいですし、学びがあります。

 

 

これを受験生用にカスタマイズできたら・・・・

と思うとワクワクしますね。

ただ、やはり学べば学ぶほど、
モチベーションの世界は奥が深く、
かなりやりがいがあります。

今回募集するモチベーション維持の企画では、
そのような話を大量に収録しています。

開催までお待ちください。
それでは、今日は失礼します。

 

追伸

正直、このモチベーションについての企画は
どれほど反応があるのかわかりません。

ただ、今日のような話を聞いて、
役に立った、使える、もっと知りたい、
という人がいれば、

軽くコメントもらえると把握できますので、
アウトプットがてらしてもらえればと。

 

追伸2

僕の勉強法のブログですが、
これからは大きく方向転換をしていく予定です。

今回の企画もそうですが、
世間一般にあるような巷の勉強法サイトは、
もうやめようと思います。

受験方式も変わりますし、
Youtube勉強法動画が溢れすぎて、
正直、今の受験業界ってキモいなと思います。

今、予定しているのは、

・記憶術・暗記術
・学習法・思考法
・速読術
・目標達成・モチベーション維持(←今回の企画)

などの企画です。

 

後はアカデミックな話もできます。

・大学入学後に社会で生き残るための生存戦略
・学生の人間関係と恋愛論

みたいな話もしたいなと思ってます。

受験とは一見関係ないように見えますが、
こーいう学習の本質部分を0から、
解説していきたいですね。

というか、今後の入試制度を考えたり、
周りで受験の情報を発信している人を考えると、
似たようなことはやりたくないなというのが、
正直な所です。

とりあえず、今はモチベーション維持についての、
企画をお待ちいただければと思います。

最後に

僕は毎日10時間以上勉強しても
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

ですが、そんな僕が今では早稲田大学に通っています。
・・・と、言っても怪しいですよね。。。


恐らく、昔の僕だったら
「でたーwww。私は○○さんのおかげで
一発逆転して受かりましたっていう奴www。
どっかの塾の宣伝だろww」
とか思っていること間違いないですね笑


ですが、これは紛れもない事実なのです。


僕は小学校時代の偏差値は40でしたし、
中学時代は部活も恋愛も捨てて、
どんなに頑張ってもオール4

高校時代も毎日10時間以上勉強してるのに、
偏差値が55を超えないという劣等生でした。

けど「勉強法」を学んだことがきっかけで、
僕は成績を短期間で鬼のように伸ばしていき、
全教科偏差値が70に到達します。

そうして僕は早稲田に合格しましたが、
本当によかったと心から思っています。

この経験からいくら努力しても
成績が伸びずに苦しんでいる人であっても、
勉強法を身に付けることで、

成績を伸ばし志望校に合格することは、
絶対にできると僕は確信しております。

劣等性の僕はどのようにして、
成績を上げて、偏差値70に到達し、
早稲田大学に合格したのか?

その過程は以下の記事からどうぞ。

かずきちが英語・国語・日本史の偏差値70越えを達成して
早稲田大学に合格した秘密


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

3 件のコメント

  • かずきちさん大変ご無沙汰してます。僕も現役生だった去年、途中でモチベーションが下がって、勉強が進まなくなった時期がありました。今年は浪人生として進路を変更して早稲田大学の政治経済学部を目指しています。今はアルバイトをしながら、お金を貯めて、指導期間中に教わったコンテンツ通りに勉強しています。またご指導をしていただきと思っております。その時はまた、よろしくお願いします。

    • お久しぶりです!
      モチベーションの問題は非常に難しく多くの人を悩ませているのが現状です。

      しかも、受験業界には現状、モチベーションの維持について、
      本質から語っているコンテンツがないので、
      僕も今、作成をしております。

      その時はまた連絡しますので、お待ちくださいませ!

      • 夜遅くに失礼します。お忙しい中にすみません。Gメールで返信したのですが、気にしないでください!慌てさせて申し訳ないです。楽しみに待ってます。よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください